HOME検査&リハ > 標準失語症検査 補助テスト(SLTA-ST)

標準失語症検査 補助テスト(SLTA-ST)

認知機能検査その他の心理検査:操作と処理が
極めて複雑なもの(450点)が付与されています

ご注文はこちら

標準失語症検査 補助テスト(SLTA-ST)

編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会

検査器具一式

定価(本体価格30,000円+税)
[セット内容]
マニュアル(B5判・154頁)1部、検査図版(70枚)、カード、CD、記録用紙(1)・(2)各5部

別売 記録用紙 (1)・(2) 各20部入り

1箱 定価(本体価格4,000円+税)

別売 マニュアル

定価(本体価格10,000円+税)
ISBN9784880026367
検査器具一式の中に同じものが1部含まれていますので、ご注意ください。

★本テストはSLTAだけではカバーできない症状を把握し、実用的能力を調べるための以下の各テストから構成されています。これにより言語訓練課題やコミュニケーション手段の設定に有用な情報が得られます。
・発声発語器官および構音の検査
・はい-いいえ応答
・時間と金額の計算
・まんがの説明
・長文の理解
・呼称

★検査結果の数値を入力するとプロフィールにグラフが自動表示されるソフト(エクセルファイル)を日本高次脳機能障害学会ホームページより無料でダウンロードいただけます。
詳細につきましては日本高次脳機能障害学会ホームページのINDEX「検査法プロフィール」をご覧ください。

日本高次脳機能障害学会ホームページ:http://www.higherbrain.or.jp/

よくあるご質問

Q:SLTAの代わりとして補助テストを行ってもよいのですか?
A:このテストはSLTAの26項目の難易度だけではカバーできない軽度の失語症の症状把握やDeep Test(掘り下げテスト)を目的としており、あくまで「補助」としての位置づけです。SLTAは重度〜軽度までの失語症を捉えうる範囲の詳しさでテスト項目が作られていますが、補助テストによって聴覚的理解の程度や語想起能力、日常生活上の時間・計算能力などがより詳細に把握できます。
Q:所要時間と検査対象を教えてください。
A:一通り行うと1時間半強かかります。また、検査開始から終了までの期間は原則として2週間としてください。なお検査対象は、成人の運動障害性構音障害の合併例を含む失語症者です。

ご注文フォーム

小社に直接お申し込みの方には、商品を代引き宅配便にてお届けいたします。
[送料・代引き手数料]
全国一律 10kgまでの送料+代引き手数料: 500円+税 (離島など一部地域で配送中継料がかかる場合は別途ご請求申し上げます。)

下記に必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
お申し込みを担当者が確認しだい、お支払総額などを記入したメールをお送りいたします。もし3営業日が経ってもメールが届かないようでしたら、お手数ですがお電話・ファックス・Eメール等にてお問い合わせくださいますようお願いいたします。

【ご注意】

※ 商品のお客様のご都合による返品はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
※ 心理検査は医療関係者のみへの販売となっております。
※ 半角カタカナ、ローマ数字、括弧付き省略文字などの機種依存文字は、文字化けの原因となりますのでご使用をお控えください。
【必須】と付いている項目は必ず入力してください。
数量【必須】 器具一式 セット (半角)
別売記録用紙(1)・(2) (1箱 各20部入り) (半角)
別売マニュアル(検査器具一式の中に同じものが1部含まれています) (半角)
お名前【必須】 (全角)
ご勤務先施設名・会社名【必須】 (全角)
ご所属【必須】 (全角)
ご職種【必須】 (全角)
商品お届け先【必須】   ご勤務先  ご自宅
お届け先郵便番号【必須】 (半角)
お届け先住所1【必須】  都道府県を選択してください
お届け先住所2【必須】  建物名も省略せずにご記入ください
お電話番号【必須】 (半角) 昼間の連絡が可能な番号をご記入ください
メールアドレス【必須】 (半角)
入力ミス防止のため2回入力をお願いいたします
(半角)
備考

ページTOPへ