HOME検査&リハ > 標準高次視知覚検査(VPTA)

標準高次視知覚検査(VPTA)

認知機能検査その他の心理検査:操作と処理が
極めて複雑なもの(450点)が付与されています

ご注文はこちら

標準高次視知覚検査(VPTA: Visual Perception Test for Agnosia)

編集:日本高次脳機能障害学会
著者:日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test委員会

検査器具一式

定価(本体価格40,000円+税)
[セット内容]
マニュアル(B5判・201頁)1部、検査図版(115枚)、評価用紙(5部)、評価用紙・別冊(5部)

別売 評価用紙・評価用紙別冊 各20部入り

1箱 定価(本体価格7,000円+税)

別売 マニュアル

定価(本体価格15,000円+税)
ISBN9784880026374
検査器具一式の中に同じものが1部含まれていますので、ご注意ください。

★この検査法は高次脳機能障害学会が約10年の歳月をかけて開発しました、高次視知覚機能障害を包括的に捉えることのできる標準化された検査です。今後わが国の高次視知覚機能障害の諸症状を共通の立場から議論できる新たな画期的検査法です。
検査は、視知覚の基本機能、物体・画像認知、相貌認知、色彩認知、シンボル認知、視空間の認知と操作、地誌的見当識の7大項目から構成され、115枚の図版および評価用紙が用意されてます。また検査法の解説書には、これまでの高次視知覚障害の研究に関する総説、および詳細な8症例の報告があわせて記載されています。
脳機能障害のリハビリテーションおよび研究に携わるすべてのスタッフに必携の検査法です。

★検査結果の数値を入力するとプロフィールにグラフが自動表示されるソフト(エクセルファイル)を日本高次脳機能障害学会ホームページより無料でダウンロードいただけます。
詳細につきましては日本高次脳機能障害学会ホームページのINDEX「検査法プロフィール」をご覧ください。

日本高次脳機能障害学会ホームページ:http://www.higherbrain.or.jp/

よくあるご質問

Q:標準高次視知覚検査は何を目的とする検査ですか?
A:視覚失認と視空間失認に関する検査法です。視知覚の基本機能、物体・画像認知、相貌認知、色彩認知、シンボル認知、視空間の認知と操作、地誌的見当識の7つの大項目からなっています。
Q:所要時間はどのくらいですか?
A:一通り行うと1時間半強かかります。また、検査開始から終了までの期間は原則として2週間としてください。
Q:「評価用紙」と「評価用紙・別冊」はどう違うのですか?
A:「評価用紙」は検者が検査結果を記入する冊子で、「評価用紙・別冊」は患者さんに直接記入してもらう検査(線分二等分、線分抹消、花の模写など)が冊子になったものです。別売の評価用紙(20部入り)の中には、それぞれ20部が入っています。
Q:適用年齢は?
A:成人向けです。

ご注文フォーム

小社に直接お申し込みの方には、商品を代引き宅配便にてお届けいたします。
[送料・代引き手数料]
全国一律 10kgまでの送料+代引き手数料: 500円+税 (離島など一部地域で配送中継料がかかる場合は別途ご請求申し上げます。)

下記に必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
お申し込みを担当者が確認しだい、お支払総額などを記入したメールをお送りいたします。もし3営業日が経ってもメールが届かないようでしたら、お手数ですがお電話・ファックス・Eメール等にてお問い合わせくださいますようお願いいたします。

【ご注意】

※ 商品のお客様のご都合による返品はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
※ 心理検査は医療関係者のみへの販売となっております。
※ 半角カタカナ、ローマ数字、括弧付き省略文字などの機種依存文字は、文字化けの原因となりますのでご使用をお控えください。
【必須】と付いている項目は必ず入力してください。
数量【必須】 器具一式 セット (半角)
別売評価用紙・評価用紙別冊(1箱 各20部入り) (半角)
別売マニュアル(検査器具一式の中に同じものが1部含まれています) (半角)
お名前【必須】 (全角)
ご勤務先施設名・会社名【必須】 (全角)
ご所属【必須】 (全角)
ご職種【必須】 (全角)
商品お届け先【必須】   ご勤務先  ご自宅
お届け先郵便番号【必須】 (半角)
お届け先住所1【必須】  都道府県を選択してください
お届け先住所2【必須】  建物名も省略せずにご記入ください
お電話番号【必須】 (半角) 昼間の連絡が可能な番号をご記入ください
メールアドレス【必須】 (半角)
入力ミス防止のため2回入力をお願いいたします
(半角)
備考

ページTOPへ