ひとめでわかる!運動器エコー攻略ガイド 下肢篇

朴 基彦:編集
山口睦弘:編著

2022年発行 B5判 80頁
定価(本体価格3,800円+税)消費税10%込(4,180円)
ISBN 9784880021195

紙版(クレジット・コンビニ決済)はコチラ→BASESTORES

内容の説明

チームぱくのメンバーがおくる まるごと1冊下肢エコー!
正常器の理解を深めて的確な治療を目指そう!
描きおろしの解剖図イラスト、わかりやすいガイドつきのエコー画像をメインに見開き完結。下肢運動器のすみずみまでスムーズな描出をサポートします。

● はじめに

 このたび「ひとめでわかる!運動器エコー攻略ガイド 下肢篇」を上梓する運びとなりました。
 運動器超音波診療はここ十数年の間に飛躍的に普及しつつあります。整形外科の外来に超音波装置があるのはもはやありふれた光景になり、最近では超音波診断や超音波ガイドでの各種の注射治療に関するセミナーも花盛りです。
 また理学療法室では、理学療法士も超音波で動きを評価し、超音波ガイドで徒手療法をおこなう流れができつつあります。
 そういった流れのなかで、あらためてクローズアップされているのが「正常解剖の重要性」です。
 決まった部位を決まったパターンで観察し診断することはとても有用ではありますが、そのままでは応用が利きません。そこから一歩飛び出して、もっと自由に、観察したい部位を長軸短軸を縦横無尽に駆使して観察し、異常所見の有無を確認するためには、正常解剖をすみずみまで理解しておく必要があります。
 そこで正常解剖について詳しく述べている超音波解剖の教科書があると皆さんの役に立つと考え、この書籍を企画しました。
 今回は、その正常解剖を知るためにさまざまな工夫を凝らしました。見やすいイラストによる解剖図と、超音波解剖図を見開きで観察できるようにすること、異常所見については今回はあえて省き正常解剖について詳述することに特化したことなどがそうです。
 結果として、他の疾患ベースの本とはひと味違う、ユニークな書籍ができあがったと自負しております。
 この書籍を作成したのは、ぱくペインクリニックで毎週木曜日早朝からエコー勉強会を行っているメンバーになります。
 中心になったのは臨床検査技師の山口睦弘先生、理学療法士の榊彰裕先生、岡本光司先生です。
 特に山口先生は書籍発行にあたって、出版社との交渉やとりまとめなど、縁の下の力持ちとして大いに働いていただき感謝しております。
 また榊先生、岡本先生にも多くの作業を分担していただきました。
 コロナ禍でなかなか全体の作業が進まずかなりの時間を要しましたが、ようやく今回、皆さんにお届けできることになりました。
 この本が、皆さんの外来スペースに置かれ、皆さんの日々の臨床に役に立てばそれほど嬉しいことはありません。
 超音波が運動器診療の現場にさらに普及し、一人でも多くの患者を救う助けになることを願っています。

ぱくペインクリニック 院長
朴 基彦

おもな目次

はじめに 朴 基彦

ChapterⅠ 鼠径部・大腿前面 榊 彰裕
1 股関節前面① 8
2 股関節前面② 10
3 下前腸骨棘 12
4 下前腸骨棘(長軸像) 13
5 iliocapsularis muscle(ICM) 14
6 股関節前内側面① 16
7 股関節前内側面② 18
8 大腿部内側① 20
9 大腿部内側② 22
10 大腿前面~内側(伏在神経) 24
11 股関節外側面 26

ChapterⅡ 殿部・大腿後面 岡本光司
1 殿部(仙腸関節) 30
2 上殿動脈・上殿神経 32
3 坐骨神経と股関節外旋筋群① 34
4 坐骨神経と股関節外旋筋群② 36
5 陰部神経・内陰部動脈 38
6 後大腿皮神経 39
7 大腿部後面内側①(半腱様筋,半膜様筋) 40
8 大腿部後面内側②(半腱様筋,半膜様筋) 42
9 大腿部後面外側①大腿二頭筋(長頭・短頭) 44
10 大腿部後面外側②大腿二頭筋(長頭・短頭) 46

ChapterⅢ 膝窩部・下腿 山口睦弘
1 膝関節前面 50
2 膝関節内側 52
3 膝関節外側 54
4 膝窩部① 56
5 膝窩部② 58
6 下腿外側① 60
7 下腿外側② 62
8 下腿後面浅層の筋 64
9 下腿後面深層の筋① 66
10 下腿後面深層の筋②(下腿交叉) 68
11 下腿後面(アキレス腱) 70
12 下腿後面(アキレス腱付着部) 72
13 腓腹神経 74

おわりに 山口睦弘 76
INDEX 77