モダン・カンポウ10年の功罪

新見正則 企画編集

2019年発行 B5判 90頁
定価(本体価格2,500円+税)
内科系総合雑誌
電子版はコチラ→M2PLUS医書.jp

内容の説明

大人気、西洋医のためのモダン・カンポウが出版され、早くも10年が経ちました。
お手軽フローチャート形式のモダン・カンポウは、果たして本当にYESなのか、NOなのか?
スペシャリストにいま、改めて問い、本当に役に立つ漢方とは何かを考えます。
西洋医の漢方ビギナーも、漢方専門のスペシャリストも楽しく読める特集です。

おもな目次

【今月のアプローチ】
特集:モダン・カンポウ10年の功罪

巻頭言(松田 邦夫)  1203
《モダン・カンポウの立場から》
1.和漢はモダン・カンポウの頂点(新見 正則)  1205
2.新見正則のモダン・カンポウを考える―Dr. X君の独白―(千福 貞博)  1210
3.出会ってラッキー! 使って楽しいモダン・カンポウ!―小児科でも大活躍―(坂﨑 弘美)  1213
4.ペインクリニック・緩和医療領域のモダン・カンポウ(棚田 大輔)  1216
5.皮膚科診療とモダン・カンポウ(チータム倫代)  1218
6.家庭医としてのモダン・カンポウ Next Step(樫尾 明彦)  1220
7.動物の漢方薬治療(井上 明)  1223
《スペシャリストの立場から》
1.今,漢方を広めるために何が必要か(新井 信)  1226
2.モダン・カンポウイズムに一言(飯塚 徳男)  1230
3.変貌・進化し続ける漢方(後山 尚久)  1234
4.「モダン・カンポウ」への疑問(小田口 浩)  1239
5.現代における漢方医学教育(柴原 直利)  1242
6.漢方薬の真の作用機序解明に向けて(高橋 秀実)  1246
7.漢方と認知症について:これまでの臨床研究から(高山 真)  1251
8.逆スイッチからスイッチOTCの流れ(丁 宗鐵)  1255
9.大規模データを用いた漢方研究(康永 秀生)  1260

■私の処方■
認知症のBPSD簡易評価と対応(阿部 康二)  1265
糖尿病の処方の決め方とコツ(小野 百合)  1266
初期治療で十分な効果が得られない過活動膀胱(三井 貴彦)  1267
ドラッグナイーブ2型糖尿病患者へのカクテル療法(田仲 秀明)  1268
■診療の秘訣■
高齢者の便秘(山形 和史他)  1269
右下腹部痛を考える(水城 啓)  1270
特発性食道破裂(山本 美穂他)  1272
■投稿論文■
糖尿病患者におけるロコモティブシンドローム,サルコペニア,フレイル(野島 秀樹他)  1273
■認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと■
介護されることを拒否する認知症のある人に伝えたいこと(大石 智)  1279
■診療のエッセンス■(三浦伸一郎他)  1286
■心臓リハビリテーション■
多職種協働(北島 研他)  1288

○投稿規定  1292
○総目次  巻末
○アンケート  巻末
○次号予告  巻末